イラスト

『マンガ』アニメ『ドロヘドロ』あらすじと感想!!

お疲れ様です!!ゆう団長です!

今回は!個人的に!面白かった!作品『ドロヘドロ』を紹介します!




『ドロヘドロ』とは!

ドロヘドロ』は、林田球による日本の漫画。魔法によって頭を爬虫類に変えられた記憶喪失の男が、
自分の本当の顔と記憶を取り戻す姿を描いたダーク・ファンタジー作品です!
Wikiから引用

あらすじ!

アニメ『ドロヘドロ』1話、5話から引用

世界は魔法が使えない「人間」と、
マスクをつけた「魔法使い」が存在する世界。
人間が生活する世界は「ホール」と呼ばれ、魔法のドアによって
魔法使いの世界と繋がり、
魔法使いたちは『魔法』の練習の為に、
ホールを訪れては人間を練習台にしていて、
その魔法使いによる『魔法被害』によってホールの人々は悩まされています。

そして魔法使いによって、トカゲ頭に変えられて記憶を失った男、
主人公カイマン。そしてその友人、ニカイドウ
カイマンの口の中には謎の男が存在していて、
カイマンは自分の頭を元に戻すために、
そして記憶を取り戻すためにニカイドウと共に
「ホール」にやって来る魔法使いを狩っていく。
カイマンは何者なのか、なぜ記憶がないのか、口の中の男は誰なのか
その謎を突き止めていく....

感想!

アニメの1話が放送されてから、私はどハマりしましたw

世界観からどぎもを抜かれました!なぜなら、魔法使いとか聞くと
三角帽子を被った、魔女的な見た目が思い浮かぶのですが.....
この作品では違くて......これです↓

※アニメ『ドロヘドロ』2話から引用

イメージと全然違いますよね!
なぜマスクをしてるかとゆうと、(ゆう団長調べ)
魔法使いの世界では上位の魔法使いは『悪魔』からマスクを渡されて、
素顔を隠すように世界で生きていくルールがある為。

悪魔とかいるの!?って思いますよね!もう面白いでしょ?

この作品の魔法使いは魔力とかはなくて、体内から『黒い霧』を出して魔法を使います!
呪文とか詠唱が必要ないんですよ、
『魔法使いの世界』の人間は
『ホール』にいる人間とは違くて、
魔法使いの体内には胃や心臓のように、『黒い霧』を作る臓器があり
口や指から黒い霧をバッ!!っと出して!『魔法』を使ってます。


それに加えて、この作品は暴力的なのですが、とてもユーモラスで
各キャラクターにも、
個性的な部分もあってしたしみが持てるキャラがたくさんいます!

 

しかも、林田球さんはなんと女性の漫画家で!その方から、

←このイラストですよ....

 

 

 

 

 

 

 

 

 


※ドロヘドロ1巻から引用

もう尊敬です😭勉強になります🙏

世界観が最高です、現実味がある文化やルール、各キャラクターの日常会話、
それを楽しめるのが『ドロヘドロ』!!

気になったよって方は是非!マンガやアニメを是非ご覧ください!!

それでは!マンガ全巻買ってきます!(・∀・)」

今日はこへんで!お疲れ様でした!!

-イラスト
-, ,

Copyright© , 2021 All Rights Reserved.