GRAVITY DAZE ゲーム

GRAVITY DAZE 評価・レビュー

初めに

 

どうも!団員のやーさんです!今回プレイしたゲームはGRAVITY DAZE~重力的眩暈:上層への帰還において彼女の内宇宙に生じた摂動~です(なっがい)。

 

 

私はPS4でプレイしましたが元々は2012年にPS VITAで発売され、後にPS4に移植されます。続編である「GRAVITY DAZE 2」の発売に合わせて移植された感じですかね。

個人的にどうしてもやりたかったんですが時間がなくやっと最近プレイできました(笑)

数々の賞を取っているこの作品が実際どうなのかを

➀基本情報

②いいところ

③いまいちなところ

に分けて書いていきたいと思います!




基本情報、設定など

まずAmazon商品ページから引用した文を見てみます。

 

~ストーリー~
巨大な円柱の周囲を取り囲むように築かれた空中都市「ヘキサヴィル」。この都市は「重力嵐」の脅威によって、壊滅の危機に瀕していた。住処を失い、さまよう人々の姿も目立ち始めたヘキサヴィルの一角で、のちに、街の人々から「キトゥン」を呼ばれる少女が目を覚ます。
「重力猫ダスティ」との出会いを経て「重力使い」となった「キトゥン」は、嵐と共に現れた謎の怪物「ネヴィ」の脅威から人々を守り、嵐に「奪われた街」を奪還するために奔走する。
もう一人の重力使いの少女「クロウ」をはじめとする強敵たちとの戦いを経て、「キトゥン」は強く成長し、やがて街と自身をとりまく謎の核心に迫っていく…。 この作品の核となる部分、それはタイトルからも分かるように「重力」です。主人公は重力の方向を変える能力を持ち街のあちこちを重力の力で移動します。そのため壁を歩いたり天井にぶら下がったりできます。

~自由に空間を飛び回る重力アクション ~
重力を操る能力を持つ主人公キトゥンは、
あらゆる方向を「下」として、空間を駆け巡る。
「空を飛ぶ」のではなく、「空に落ちる」という
独特の浮遊感・疾走感を体感しよう。 ----------

 

ということでタイトルからも分かるように「重力」がキーワードなんですね。

壁に立つとこんな感じ。首を左にかしげると正規の重力方向ですね。

基本情報として加えるとストーリーの音声はなぜかフランス語です(笑)

ただそれがこの作品の世界観を作っている1つだと感じました。

いいところ

 

・ストーリーが面白くちょうどいい長さ

・斬新なバトル、育成システム

・BGM

・ロード時間の短さ

 

ざっとあげるとこんな感じです。

ストーリー進行時のムービーはマンガ調で進みます。

〇ボタンを押すとコマが進む仕様ですね。マンガなのでページをめくる音もコントローラーから出ます。

また私がクリアしたまでの時間は12時間も経っていないと思います。個人的にはちょうどいい量だと感じました。

バトルや育成システムもいいと思います。まずこの作品には経験値というものが存在しません。その代わりにジェムと呼ばれる結晶が街の至る所に設置されそれを拾うことで主人公のステータスの強化ができます。強化項目は攻撃性能や重力変化可能時間の増加などですね。

バトルは重力を用いた戦い方が基本となっています。そこら辺にあるベンチや樽を重力で持ち上げて敵に当てたり、重力加速度を利用して敵にキックしたりします。個人的にこのバトル要素が1番好きでした。色んな方向に飛んでる(落ちてる?)と敵の位置が分からなくなったりどこが正規の重力の方向なのか混乱するのが楽しかったですね。

 

してBGM、素晴らしい。ゲームの世界観にマッチしていると言うんでしょうか。サントラが欲しくなっている今日この頃です(笑)

 

ロード時間の短さはもともとVITAだったからでしょうか。他のゲームに比べると短いと感じました。この点はPS4で発売された続編の「GRAVITY DAZE2」との比較が必要ですね。




いまいちなところ

この作品の一番の弱点は「酔いやすい」というところです。

私は大丈夫でしたがプレイした方の感想を聞くとそういう声が多かったです。

確かにプレイする中で結構風景がグルグルします(笑)

ゲームの性質上仕方ない部分ではあるんですが画面酔いすることがいまいちな点として挙げられるかと思います。

↑建物を逆さに見ながら移動するのは日常茶飯事です。

 

終わりに

GRAVITY DAZE、個人的にかなり楽しめたゲームでした!現在このソフトはValue Selectionとして比較的手ごろな価格で買うことができます。私はGRAVITY DAZE2と一緒に購入しましたが6千円ちょっとでした。みなさんも自由に落ちる感覚を味わってみてはいかかでしょうか!

少しだけ気になったのがこのゲームは続編を初めから意識して作られたのではないかということ。ゲーム内で明らかになっていないことが多いんですよね。FF10などのようにその作品が売れたから続編を作ろうとするスタンスもありましたが微妙な結果になっています。それだけに初めから続編モノとして考えられ制作されているならGRAVITY DAZE2も期待が持てる!と感じた次第です。

GRAVITY DAZE2もプレイしたらまた感想を書きたいと思います!

 

ここまで読んでくださりありがとうございました!

また次回もよろしくお願いします~( ^^) _旦

 

-GRAVITY DAZE, ゲーム
-, ,

Copyright© , 2021 All Rights Reserved.